tetoのライブの定番曲は?パクリ騒動で炎上したって本当?

  • 2019年6月25日
  • 2019年6月25日
  • 音楽
  • 101view
  • 0件

みなさんはtetoというバンドをご存知ですか?

tetoは日本で活動するロックバンドです。
その破壊的な音楽性から「邦楽ロックを殺すバンド」という異名が付くほどの激しいパフォーマンスや曲調がファンの心を掴んでいます。
最近では各地の音楽フェスに出演するなど、ロックキッズの間で話題沸騰。

今回は、「tetoのライブの定番曲は?歌詞が詩的でかっこいい!パクリ騒動で炎上したって本当?」と題して、tetoを徹底調査していきます。

tetoのプロフィール

出身地:埼玉県
ジャンル:ロック、ハードコアパンク、インディーロック
活動期間:2016年~
レーベル:UK.PROJECT
事務所:UK.PROJECT
メンバー:小池貞利(Vo,Gt)、山崎陸(Gt,Cho)、佐藤健一郎(Ba,Cho)、福田裕介(Dr,Cho)

まずは、tetoのプロフィールをご紹介していきます!
tetoは2016年1月にボーカルの小池貞利(こいけ さだとし)さんを中心に結成。
同年10月には1st EP「Pain Pain Pain」を自主製作でリリースし、流通を介さずにインディーズ界で爆発的なヒットを記録しました。
それからもコンスタントにライブをこなし、2017年のツアーでは全公演チケット即完売、2018年のツアーも入手困難を極めるなどロックキッズを虜にするバンドに成長しました。

また2018年はメンバーが敬愛する銀杏BOYZとの共演も達成。
今年の2019年4月24日には、2ndシングルである「正義ごっこ」をリリースし、現在はワンマンツアーを回っています。

チケット入手困難!tetoのライブ定番曲は?

tetoの魅力は暑苦しいほどのライブパフォーマンスです。
ボーカル小池貞利さんはライブ中に骨折したこともあり、その激しさが伺えます。

そんなtetoのライブでの定番曲をいくつかピックアップしてみました。

高層ビルと人工衛星

tetoのライブでは必ず演奏されるのが「高層ビルと人工衛星」です。
teto結成当初から演奏されている楽曲で、ファンから絶大な人気を誇る一曲です。
ミュージックビデオを見るとその激しさが伝わることでしょう!

拝啓

「拝啓」もほぼ演奏される楽曲の一つです。
1stシングルの「忘れた」に収録されている一曲で、ライブではファンが思わず腕を上げてしまう盛り上がる一曲です。

暖かい都会から

2017年に発売されたミニアルバムdystopiaに収録されている一曲です。
歌詞の詩的な表現、そしてこの疾走感はぜひライブハウスで味わってもらいたい!

パクリ騒動で炎上!ネタ元はapricot!

tetoは2018年の12月にネットで炎上しました。

その理由はapricotというバンドの楽曲「TOWNTOWN」と、tetoの楽曲「teen age」のメロディが酷似しているというものでした。
この騒動はネットを飛び越え、現実世界にも波及。
ライブ前にこのパクリ騒動に関して説明がされたり、公式ホームページ内でこの件に関しての謝罪と説明がなされるほどの騒動になりました。

この騒動に関してはYouTuberのセゴリータ三世が詳しい説明を行っているので、興味がある方はこちらを参照してください。

tetoが盗作?ありえない!絶対するはずない!というかそもそも有名な曲のコード進行は全て似ているんだ!【テト teen age】

まとめ

  • tetoは埼玉出身のロックバンド
  • 2016年にリリースした自主製作盤「Pain Pain Pain」がインディーズ界で大ヒット!
  • tetoの魅力は激しいライブパフォーマンス
  • tetoのライブ定番曲は「高層ビルと人工衛星」「拝啓」「暖かい都会から」
  • 2018年末にapricotの楽曲に酷似しているという理由で炎上

現在ワンマンツアーを行っているteto。
この先どのようなステージへ進むのか注目が集まるバンドです!