【2019年版】独断と偏見で選ぶ!夏フェスで絶対に見たいおすすめアーティストを紹介します!

  • 2019年8月9日
  • 2019年8月9日
  • 音楽
  • 137view
  • 0件

音楽好きの8月と言えば!!!
そう、夏フェスです。

私も去年は北海道で行われるRISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)と、SUMMER SONIC(サマーソニック)に参加しました!!!

大好きなアーティストを見るもよし、友達がおすすめしてきたよく知らないアーティストを見るもよし、お酒を飲みながら会場でダラダラするもよし。
様々なアーティストが一堂に会す夏フェスは、音楽好きにとってはまさに「天国」。

今回は「【2019年版】独断と偏見で選ぶ!夏フェスで絶対に見たいおすすめアーティストを紹介します!」と題して、6組のアーティストを紹介します!
※8月10日~9月末までの期間に開催される夏フェスに出演するアーティストに限定して紹介します。

【夏フェスおすすめアーティストその1】中村佳穂


中村佳穂(なかむら かほ)は京都出身のアーティストです。
1992年5月26日生まれの現在27歳。

中村佳穂の魅力は、「最先端のサウンド」に尽きるでしょう。
ジャンルに捉われないボーダーレスなサウンドは、音楽業界関係者から大注目を受けました。

音楽番組専門チャンネル「スペースシャワーTV」が選ぶ2019年最注目の新人アーティストに選出されたり、米津玄師(よねづ けんし)さんや、ロックバンドくるりのボーカル岸田繁(きしだ しげる)さんを筆頭にミュージシャンからも熱い称賛を受けています。

2018年11月に自身が設立したレーベルよりリリースされた「AINOU」は、正に最先端のサウンドを追求した名盤になりました。
日本でこのレベルのサウンドを追求するのはまさに天才です。

そんな中村佳穂さんは北海道で行われるRISING SUN ROCK FESTIVAL、山梨県の山中湖で行われるSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER(スイートラブシャワー)に出演。

ぜひそのレベルの高いステージングを見てみてはいかがでしょうか。
ライブを見る前に必聴アルバムである去年2018年11月7日にリリースされた「AINOU」をチェックしてみましょう。

中村佳穂 “きっとね!” (Official Music Video)

【夏フェスおすすめアーティストその2】NUMBER GIRL


NUMBER GIRL(ナンバーガール)は1995年8月に福岡で結成されたロックバンドです。
2002年11月30日に解散しましたが、今年再結成を発表。

ナンバガの愛称でも知られるNUMBER GIRLが奇跡の再結成を果たしました。
オリジナルメンバーで変更する
ファンの誰もが復活するとは思わなかった伝説のバンドで、再結成が発表された2月15日はSNSで発狂にも似た大きな反響がありトレンド入りを果たしました。

わずか6年という活動期間の間で邦ロックに大きな変化を与えるほどの衝撃を与えたNUMBER GIRLですが、ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)やBase Ball Bear(ベースボールベアー)、星野源(ほしの げん)さんといった今も第一線で活躍されるアーティストも影響を公言しています。
ギターロックバンドは大体NUMBER GIRLの影響を受けているといっても過言ではないでしょう。

ラストライブを収録した2003年1月29日にリリースされた「サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態」は必聴アルバムです。
Spotifyのリンクから是非聞いてみてください。

そんなNUMBER GIRLは北海道で行われるRISING SUN ROCK FESTIVAL、京都で行われるロックバンドくるりが主催する京都音楽博覧会2019に出演が決定しています。

当時を知っている方も知らない方も、ぜひ一度この伝説のバンドを体験してみるのはいかがでしょうか?

NUMBER GIRL – 透明少女

【夏フェスおすすめアーティストその3】ELLEGARDEN


ELLEGARDEN(エルレガーデン)は1998年12月に千葉県で結成されたロックバンドです。
2008年9月7日に活動休止しましたが、2018年に復活を発表。

ナンバーガールに続く、レジェンド復活アーティスト枠その2。
去年の復活の際にはナンバーガールを超えるほどの大きな反響がありました。
復活ツアー「THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018」ではELLEGARDENが青春だったアラサーのファンが大集結。
チケットは即完売しました。

ELLEGARDENはFUJI ROCK FESTIVAL2019(フジロック)にも出演。
ファンを公言している山本彩さんのELLEGARDENに対する熱量の高いインスタの投稿が話題になりました。
https://www.instagram.com/p/B0Ys8LlBES-/?utm_source=ig_web_copy_link

必聴アルバムにはベストアルバムである2008年7月2日リリースの「ELLEGARDEN BEST 1999-2008」を推薦します。
これさえ聴いておけば、とりあえずELLEGARDENを知ることができます。

ELLEGARDENは北海道で行われるRISING SUN ROCK FESTIVALに出演が決定しています。
ぜひ北の大地でELLEGARDENのライブを見てみてはいかがでしょうか。

ELLEGARDEN「Space Sonic」Music Video

【夏フェスおすすめアーティストその4】Yogee New Waves


Yogee New Waves(ヨギーニューウェーブス)は2013年に東京で結成されたシティポップバンドです。
ヨギーの愛称でも知られています。

Yogee New Wavesの魅力は、「都会におけるシティポップ」を感じられる点にあります!
とにかくオシャレなサウンドが魅力で、山下達郎やはっぴいえんど、サニーデイサービスといった前世代のポップミュージックを現代に落としこみ、また新たなサウンドとして昇華しました。

前回当サイトで取り上げたnever young beachも同ジャンルのバンドですが、Yogee New Wavesの方がより都会感を感じられます。

近年では、その声の良さからボーカルの角舘健悟(かくだて けんご)さんがフジテレビ系で放送されている「セブンルール」のナレーションも担当。
異業種からも高い注目を集めています。

必聴アルバムには2014年9月10日リリースの1stアルバム「PARAISO」を推薦。
粗削りながらもYogee New Wavesの魅力が爆発したこのアルバムは、間違いなく2010年代のシティポップの名盤でしょう。

Yogee New WavesはROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロックインジャパンフェスティバル)やSUMMER SONICに出演が決定。

ぜひ横ノリでその甘美なサウンドを楽しんでもらえればと思います!

Yogee New Waves / CLIMAX NIGHT (New Version – Official MV)

【夏フェスおすすめアーティストその4】GEZAN


GEZAN(ゲザン)は2007年に大阪で結成されたロックバンドです。
現在は東京を拠点に活動しています。

GEZANの魅力は、「衝撃的な轟音」。
柔軟に変化する轟音の中には共通して希望や優しさを感じ、リスナーの心を打ちます。

自主レーベル「十三月の甲虫」を立ち上げ、メジャーレーベルに属さず、マネージャーもつけずに活動するDIYなGEZAN。
アンダーグラウンドシーンで活動しながらも、今年はFUJI ROCK FESTIVAL2019の二番目に規模の大きいホワイトステージに出演。
トップバッターとしてオーディエンスに強烈なインパクトを残し、Twitterでは「GEZAN」がトレンド入りを果たしました。

必聴アルバムには昨年2018年10月3日にリリースされた「Silence Will Speak」を推薦。
FUJI ROCKでも披露された「BODY ODD」「DNA」等が収録されています。

そんなGEZANは自らが主催するフェス全感覚祭や、長野県で行われるりんご音楽祭に出演します。
ぜひ日常の音楽に飽きてしまった方や、衝撃を求めている方はGEZANを体験してもらいたいです。

GEZAN / DNA (Official MUSIC Video)

【夏フェスおすすめアーティストその5】ネクライトーキー


ネクライトーキーは2017年に大阪府で結成されたロックバンドです。

ネクライトーキーの魅力は、「一度聴いたら耳から離れない強烈なポップさ」にあります。
ギターボーカルもっささんの特徴的なアニメ声はとっとこハム太郎が歌っているのか?というコメントが付くほどです(笑)。

またほぼすべての楽曲の作詞作曲を担当するギター担当の朝日さんは、「石風呂」という名前でボーカロイドを使用したボカロPとしての活動も行っており、そこで培われたポップセンスがネクライトーキーでは大爆発しております。

結成2年ながらインディーズ界では爆発的なヒットを記録。
今年はRISING SUN ROCK FESTIVALや山口県で行われるWILD BUNCH FEST(ワイルドバンチフェスティバル)、香川県で行われるMONSTER baSH(モンスターバッシュ)など、夏にとても忙しいバンドになりました。

必聴アルバムには昨年2018年12月5日にリリースされた1stアルバム「ONE!」を推薦。
ネクライトーキーの名前が一躍有名になった「オシャレ大作戦」を始め、ポップな楽曲が収録されています。

ぜひぜひ今が旬なネクライトーキーをこの夏見てみるのはいかがでしょうか?

ネクライトーキー MV「オシャレ大作戦」

【夏フェスおすすめアーティストその6】CHAI


CHAIは2012年に名古屋で結成されたガールズロックバンドです。

CHAIの魅力は、「ビジュアルのインパクトと洋楽ナイズドな音楽性」にあるでしょう。
CHAIは同じ衣装に身をまとい、個性的なビジュアルから初見で強烈なインパクトを残します。

しかし、Basement Jaxx(ベースメントジャックス)やCSS(シーエスエス)、DEVO(ディーヴォ)といったロック・ニューウェーブの洋楽から影響を受けた抜群の音楽性がリスナーから圧倒的な支持を受けています。

アメリカにて開催される「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」への出演や、SUPERORGANISM(スーパーオーガニズム)のサポートアクトとして英国ツアーを回るなど、海外でもCHAIの人気は浸透し続けています。

必聴アルバムには2017年10月25日にリリースされた1stフルアルバム「PINK」を推薦。
業界関係者やリスナーに大きな衝撃を与えた「sayonara complex」や、ライブ定番曲の「ぎゃらんぶー」を収録した一枚です。

そんなCHAIはROCK IN JAPAN FESTIVALやSUMMER SONIC、川崎の東扇島で行われるBAYCAMP(ベイキャンプ)にも出演。

最近の邦楽なんて・・・と思っている洋楽好きな方はぜひCHAIのライブを見ていただきたいです!

CHAI「sayonara complex」

まとめ

今回は私の独断と偏見で選んだ、夏フェスでぜひ見ていただきたいおすすめアーティストを紹介させていただきました!
近年は全国各地で夏フェスが開催されているため、参加の敷居がグッと下がりました。
みなさんもぜひ気軽な気持ちで夏フェスに参加して、夏を謳歌してみるのはいかがでしょうか!

また、これまでに当サイトで紹介したアーティストも夏フェスに出演します。
よければこちらもご覧ください!

never young beach(ネバヤン)の来歴とアルバム順おすすめ曲を徹底紹介!!!
King Gnuってどんなバンド?人気曲をランキング形式でまとめてご紹介!
マキシマムザホルモンのライブで聴きたいおすすめ定番曲を徹底調査!

※音楽カテゴリから上記以外のアーティストもご覧いただけます。