霜降り明星せいやが病気や発達障害と言われる理由は?

  • 2019年7月24日
  • 2019年8月9日
  • お笑い
  • 151view
  • 0件

去年のM-1優勝後からテレビに引っ張りだこのお笑いコンビ霜降り明星せいやさん。

相方粗品さんとは、また違ったベクトルのお笑いを得意とし、一発ギャグやモノマネがファンの間では好評です。

そんなせいやさんが、巷では「病気なのではないか?」「発達障害なのではないか?」などと噂されているのをご存知でしょうか?

今回は「霜降り明星せいやが病気と言われる理由は一体なに?」と題して、霜降り明星せいやさんの病気の噂や、ポンコツエピソード、過去のいじめの話など紹介していこうと思います!!!

霜降り明星せいやのプロフィール

本名:石川晟也(いしかわ せいや)
生年月日:1992年9月13日
血液型:A型
出身地:大阪府東大阪市
身長:162cm

まずは、霜降り明星せいやさんのプロフィールを紹介していきます!
せいやさんは1992年9月13日生まれの現在26歳。
相方の粗品さんとは同級生になります。

霜降り明星せいやが発達障害という噂はどこから?

ネットで霜降り明星せいやさんを調べると、「発達障害」「ADHD」「病気」などのキーワードが出てきます。
これについて調査してみましたが、発達障害や病気を裏付けるものはありませんでした。

しかし、テレビやラジオで披露されるポンコツエピソードの数々や、芸風、ドがつくほどの天然な性格が災いし、視聴者に噂が広まったそうです!

霜降り明星せいやのポンコツエピソードをご紹介!

「発達障害」「ADHD」「病気」と噂されるほど、数々のポンコツエピソードを持つせいやさん。
相方の粗品さんからは「生きるの下手」とよく呼ばれており、粗品さんのツイッターではせいやさんに関するツイートが人気を博しています(笑)。

その他にもせいやさんのポンコツエピソードを調べていくと、普通では考えられないほどのポンコツエピソードがたくさん出てきました!

テレビでもよく披露されている有名なものとしては
・アルバイト先のカレーうどん屋さんで皿を一気に40枚割る
・同じくアルバイト先のカレーうどん屋さんで、麺を入れ忘れてしまう
・券売機から改札までの十数歩の間に切符をなくす
などがあります。

その他にも
・伊達メガネでおしゃれをするといって、カバンから出したメガネが映画館の3Dメガネだった
・アルバイト先のマンガ喫茶で仕事中に口笛を吹いてクビになる
など、紹介してもしきれないほどのポンコツエピソードが出てきました。

よく噂される「ADHD」という病気は、「頻繁に物をなくす」「簡単に気をそらされる」「多動」などの症状があるため、この噂が出てしまったのも無理はないですね。

霜降り明星せいやは高校時代にいじめを受けていたって本当?

その他にも、霜降り明星せいやさんを調べると「いじめ」というキーワードも出てきます。
せいやさんは今でこそお茶の間を賑わす人気者となりましたが、高校時代には壮絶ないじめにあっていたそうです。

高校入学後、すぐに目立ちたいと思っていたせいやさんはギャグを披露したそうです。
しかし不良集団の反感を買い、いじめにあうことになってしまいました。

机が反対になっていたり、南京錠を投げつけられたり、ひどいときには四階から落とされそうになったりとそのいじめは壮絶なものでした。
せいやさんはアメトーークの「薄毛バレたくない芸人」にも出演していましたが、この時円形脱毛症になってしまったそうです。

しかし、せいやさんはそれをギャグで返し続けました。
最終的には文化祭のクラス発表でせいやさん自身が脚本を手掛けた「リアル桃太郎」というコントを披露し、それが大ウケ!
見事いじめを跳ね返したそうです。

この時の経験から「芸は身を助ける」ということを実感し、今もお笑い芸人を続けられているそうです。

このエピソードはフジテレビ系「痛快TV スカッとジャパン」でも再現ドラマ化され、大きな反響を呼びました。

まとめ

今回は霜降り明星せいやさんについて紹介させていただきました!
せいやさんは病気ではなく、あくまでも単なる噂だったようです。

また、せいやさんの芸の原点にもなっている壮絶ないじめエピソード。
この経験が生かせる仕事こそがお笑い芸人ですね。

これからも霜降り明星の活躍が楽しみでなりません!